交通事故で精神障害

交通事故が原因で発生する後遺症というのは、体が不自由になることや、痛みが発生するということだけではありません。他にも交通事故が原因によって、精神的な後遺症が発生することもあるのです。精神的な後遺症というのは、どのような種類が存在しているのでしょうか。一般的なのはうつ病なのですが、PTSDなども存在しています。大きく分けるとこの2種類になるのですが、この精神的な後遺症というのが最も認定してもらうのが難しいのです。

なぜなら本当に交通事故が原因でうつ病やPTSDになったのかという判断が難しいからです。体に表れる後遺症であっても判断が難しいのに、体に症状が出ない後遺症というのは、相当判断が難しいと言えるでしょう。そのため、日本人の場合には、精神的な後遺症になったと訴える人はかなり少なくなっています。もちろん厚生労働省でしっかりと基準が設けられているので、基準を満たしていなければ認定されることはないでしょう。ただし、基準を満たしていても認定されるかどうかは微妙です。

もし精神的な後遺症が認められた場合には、当然慰謝料の支払い義務が発生します。また、等級認定もされるので、この等級に応じた慰謝料の支払いが行われるようになるでしょう。場合によっては後遺症になったことが原因で不安になり、精神的な後遺症になってしまうケースもあるのです。当サイトでは後遺症の中でも精神的な後遺症に関しての方法をいろいろと記載しているので、よろしければ参考にしてみてください。