判断が難しいうつ病

うつ病というのは現在とても患者数が多くなっています。その理由は政治家の悪政によって経済状況が悪化してしまい、生活が厳しくなっている人が激増しているからです。しかも増税や物価高によって追い打ちをかけられているので、現在ではストレス社会と呼ばれているのです。そんなうつ病というのは、大半は仕事に関する悩みや家庭に関する悩み、人間関係の悩みなどで発症します。

しかし、人によっては交通事故が原因で発症してしまうこともあるのです。交通事故で後遺症が残り、そのことが原因でうつ病になったしまう人もいるのですが、このような場合には後遺症認定をしてもらうことも不可能ではありません。ただし、認定がとても難しくなっているので、必ずしも認定してもらえるわけではないのです。まずは厚生労働省が定めた基準を満たしているのかが重要になります。

他にも医師による判断なども必要になってきますし、実際に交通事故が原因であるかどうかの特定というのはかなり難しいでしょう。もし後遺症認定されれば、14級から12級が一般的でしょうが、特に酷い場合には9級に認定されることもあります。(参考:後遺症の種類|交通事故被害者救済サイト

もちろん認定されれば慰謝料が発生することはいうまでもありません。ただし、一般的な後遺症よりも認定されるのは難しいでしょう。